読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学生からの Web 開発

廃れない技術よ 我が身に

映画のエンドロール

映画

僕は映画のエンドロールが終わるまで帰らない派である。理由は以下が挙げられる。

  • すぐ帰らないといけないほどせかせかしてない
  • ロールが流れ終えた後に何か映像があるかもしれないと期待している
  • 感傷に浸っていたい
  • 通っぽい

ところが、エンドロールが流れ終えるまでの時間に帰る観客もけっこういる。2, 3 人がパラパラ帰ってるとそれは見逃せるんだけど、今日行った劇場だと大人数が帰っていた。多数派に流される自分は、残っていることを「え、おまえまだ残って通ぶっちゃうの? もう映像ないよ」って言われているような気がして急に緊張してしまう。自分も帰った方がいいのかと思い、席を立ちそうになる。はやくエンドロール終わって欲しいなと思いながら流れるのを待ってみても結局 映像はなく。

多数に流されがちになる自分をどうにかしたいなと思う。

でもいいじゃんそんな自分でも!(ポジティブ)

そういうときはビビリが操作卓を触っているのだ。

f:id:karur4n:20150719003103j:plain

今日観てきた「インサイド・ヘッド」については後日エントリを書く。